運動をして顔のむくみを取りスッキリした顔にしよう

美フェイス

顔が大きいことでコンプレックスになる

何もしなければ顔の大きさを変えることはできません。顔の大きさでコンプレックスを抱えている人は毎日のマッサージとともに無理のない運動をしてコンプレックスを解消していきましょう。

顔痩せをしようと思ったキッカケをランキングに紹介!

no.1

顔が大きく身体全体のバランスが悪く見える

全身を鏡で見たら顔だけが一回り大きいと気づく人も多いです。顔は目立つ場所でもあるので、顔の大きさを隠すために髪を伸ばしたり帽子を被ることもあります。バランスが悪いとコーディネートも難しくなるでしょう。

no.2

彼氏に顔がパンパンだと言われるケース

大切な人にむくみや脂肪によって大きくなった顔を指摘されて恥ずかしいという人が顔痩せを決意する人もいます。自分では思っていなくても他の人から見たら顔が太って見えることもあります。

no.3

毎日不規則な生活でむくみがひどくなって自分でも気づいた

一度顔にむくみが出来るとなかなかそのむくみを取ることは難しいです。不規則な生活を繰り返すことによってむくみが発生しやすくなるため、生活が原因の場合は生活習慣を改善する必要があります。

no.4

写真撮影のときに一人だけ顔が大きい

友達は皆顔が細いのに自分だけ顔が大きいため引き立て役に見えるというケースもあります。実際に顔が大きいと写真写りにも影響してしまいます。わざと後ろに寄って小顔に見せるという人もいます。

no.5

体重が同じなのに私だけ太いと言われたことがある

顔が大きいと太って見えてしまいやすい傾向にあるため、同じ体重の人でも顔の大きさによって見た目の印象が違うということがあります。そういった場合は顔痩せをすることで身体全体をスッキリに見せることができます。

スリムな顔を実現する

レディ

顔痩せには適度な運動をすることも大切

ランニングやウォーキングなどの運動をすることで顔だけではなく、身体全体を鍛えることができます。また長時間運動を続けることで脂肪燃焼をすることができるので痩せやすい体質にできるでしょう。運動をするメリットはいくつもあります。

血流の改善をすることで冷え性対策になる

女性は筋肉量が少ないことから血液の流れが滞って冷え性になりやすいです。冷え性になるとむくみが発生しやすくなるため、顔周りにむくみが溜まって太って見えてしまいます。運動で血流促進をすれば身体全体を温めることができます。

ウォーミングアップをしておこう

運動をする前にはしっかりウォーミングアップをしておくようにしましょう。ストレッチをしておくことで硬くなった筋肉をほぐすことができ、運動をしたときに怪我をする確率を減らすことができます。

広告募集中